<   2009年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧
ありがとう
清志郎さんがなくなった。正直に言うと、そんなに大ファンだったかというとそうでもない。
好きな曲だってありますが、たくさん知ってる訳じゃない。
それでも何回か歌ったことぐらいはある。
ただ、それでも思うのは、残念であるということ。
多分素敵な人であった。
多分ほんまもんであった。多分人の目にぶれることなく最後まで、自分らしさを貫いた。
勝手な想像だけど、そう感じるのです。
唯一無二で、ステージを降りてみせる表情は、穏やかで、柔らかい。
ステージ上では、激しく。素敵でした。
もう、そんな姿を見れないかと思うのは、ただただ残念です。
ありがとう。
[PR]
by mop-kino | 2009-05-13 21:51
死ぬまでにできること。
死ぬまでにできること。 そんなことを画いた映画を最近観た。
そりゃあ、そんなとこもたまには考えたりもします。芝居だって、あと何回できるのか。
恋だって。
愛だって。
何だって。
だから貴重だって。
お芝居を仕事にしたいと思った時、考えた。
今何が望みなのかではなく、今何が欲しいのかではなく、死ぬ時どんな心持ちで逝きたいか。
最後に、どんな景色の見れる人でありたいか。
最後に、何を持って立っているのか。
そんなよくわからんことを、真面目に考えた。
考えてもしょーがないことやけど。
考えた時、最後に自分の中心に残ったもの、それは成長したい気持ち。
そして、何より、人と出来るだけ深く繋がりたい気持ち。
それは、今でも変わっていない、本当だ。
[PR]
by mop-kino | 2009-05-11 00:49
明日も生きろ、明日を生きろ。
多分、一番好きな映画は?と聞かれたら、ヘドヴィグ アンド アングリー インチやな。
久しぶりに、この休みに借りて観た。
やっぱり面白かった。
冒頭から、泣きっぱなしで、幸せな気持ちになった。内容的には、ハッピーではないけど、もがいて、傷ついても尚、必死に生きる姿勢に幸せになる。
歌もいい。
みんないろいろあるけど、生きようぜ、傷つくのを恐れてる奴らより、不恰好でも傷ついて生きる君が好きだ。
これは、本当だ。
信じてくれ。
明日も生きろ。
明日を生きろ。
[PR]
by mop-kino | 2009-05-06 02:03
鍵は開いております。
最近の僕の流行りは、鍵をかけずに外出すること。 それをして、何の得があるの、と聞かれると困るのだが。
ここ1ヶ月、長期で家を開ける時以外、鍵をかけた記憶があまりない。
夜、家に帰り、取手を回して開ける瞬間、ちょっと緊張する。
開ける、朝出たまんまの部屋。
フー、セーフ。
ナンだ、この遊びは。 バカじゃないの。
でも何だか、そんな気分なんだ。
しかし今日、その行為が吉と出た。
夜鍵をなくしたのだ。 本来なら、家に入れず、困るところなのだが。
大丈夫、安心して下さい。鍵は、開いております。
開いてて良かった。
こんな事を書いてると、親からお叱りの連絡がきそうなので、これにて。
[PR]
by mop-kino | 2009-05-01 23:57



木下政治のブログ
by mop-kino
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30