<   2008年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧
僕が好きだということ。
僕が好きであることが大事です。
例え相手がこちらを向いてなくても。
そりゃ向いてくれることに越したことはないですが。その昔、初めて人を好きになった感動が、どれほど僕に幸せをくれただろうか。たとえ片想いだとしても。人を好きになって、優しくなれた。
人を好きになって、幸せになった。
人を好きになって、元気になった。
だから、好きになった人に感謝してる。
生まれてきてくれて、ありがとうと。
そこにいてくれて、ありがとうと。
その感謝を忘れず、ずっとずっと、この先も好きでいるだろう。
人を好きになることは、素晴らしいこと。
それに、まさるものはない。
こんな世の中だけど、こんなちっぽけな僕だけど、これだけは100%間違いないと、言い切ろう。
だれがナンといおうと、素晴らしいこと。
[PR]
by mop-kino | 2008-11-29 03:10
眠れない夜と雨の日には、忘れかけてた愛がよみがえる。
寝れない夜が僕には、たまに訪れる。
本番前には一度は訪れる。明日のことを考えて、興奮して、頭の中を想像が駆け巡る。
今日も、そんな夜。
明日の朝早い撮影を前に、眠れない。
さっき寝るのを放棄した。寝ないで、起きておこう。夜は長く、一人孤独に過ごす。
淋しくもあり、不思議でもある。
静かに、考えたりしている。
今日は、雨も降っている。さながらオフコースの名曲だ。
眠れない夜と、雨の日には忘れかけてた愛が甦る。
ちょっと解る気がした。
愛は甦らないけど、人恋しく、誰かの側にいたい気がする。
何を言ってんだか、俺は。恥ずかしい君だ。
まぁ、そんな夜もあっていいんじゃないかってことで、ひとつよろしく。
[PR]
by mop-kino | 2008-11-26 20:50
骨折と坊っちゃん。
フユヒコご来場下さい皆様ありがとうございました。
今だから言えるのですが、今回稽古中に足の指を骨折しまして、皆様にご迷惑をおかけしました。 稽古中、入り口の障子に足の小指を引っ掛けて、やっちゃいました。
でも通し稽古中だったので、途中止めるわけにもいかず。
最後までやって、終わった後なかなか痛みが引かず。あれって。
次の日に病院で見てもらってびっくり!
何と骨折です。
いやーテンパったテンパった。
ですが、皆様に助けていただいて何とか無事に終えました。
無事ちゃうって。 そして、急に次の赤シャツのナレーションで坊っちゃんを担当することに。
光栄では、あるのですが、みんなが一ヶ月以上稽古している作品に乗っかる重要な役割ですので、大変です。
でも、面白かった。
ただ、赤シャツを観たんですが、ナレーションが流れる度に緊張して、芝居を見るどころじゃありませんでした。
自分の声を客観的に聞くのは、苦手です。
それでも、後半になる頃にはナレーションの声も気にならず、純粋にお芝居を楽しめました。
すべての人に感謝します。また、一ヶ月フユヒコで稽古したメンバーを大好きになりました。
だってみんな真面目で素敵なんやもん。
良い創造の場にいれて、幸せ。
ありがとう。
ありがとう。
ラブ。
[PR]
by mop-kino | 2008-11-15 02:06
月に向かって、俺は吠える。
成長期だ。
いつの間にか知らぬ間に勝手に歳をとった気になってた。
歳をとるのは良い事だけど、とった歳に縛られ、少し押し潰されそうになっていた。
やっぱ俺には、がむしゃらがお似合いだ。すかして涼しい顔をするなんて向いてねえ。
性に合わねえ。わからんことは、わからん。
好きなことは好きでええやん。好きな人には好きと言えばいいやん。走りたい。疾走する。
子供で悪かったね。
だって興味がつきないだよ。知りたいんだよ。
もっともっと食いたいんだよ。
足りない。全然足りない。マックス超えて、足がバラバラ、絡みながらドタバタやな。いいねぇ。お似合いやな。俺には。
こんな夜には月に向かって吠える。聞こえてるか? 俺は生きている。今ここで生きている。裸で。
デフェンスなんて興味なし。攻めるのみ。
待ってろ明日。聞こえてるか俺の声が。きっと力強く響いただろう。ワオーンや。
[PR]
by mop-kino | 2008-11-12 02:57
貴女にギフトを。
人生とは、豊かなり。 今日、フユヒコの全公演を終了。
素敵な時間を過ごすことが出来ました。
その時間は、思いもかけず素敵な時間でした。
こういう事があるから人生は、やめられん。
いろいろあるけどね。
素敵な人達に囲まれて楽しかったです。
ありがとう。
ありがとう。
ありがとう。
自分ももっともっと素敵な人になりたいと新たに思いました。
きっと貴女にも思いがけない、ギフトが待ってます。それまで頑張って。
[PR]
by mop-kino | 2008-11-10 02:04
舞台に上がり続ける。
本番前になると、今でも眠れない日がある。布団に入り目を閉じると、セリフが気になる。うつうつと。眠っても舞台の夢を見て、冷や汗で起きてしまう。本番を待ちわびる気持ちと、本番から逃げ出したい気持ちが喧嘩して、不安定な感じ。それでも舞台に上がり続ける。何かに引っ張られる様に。何があるんやろ。始めた頃は、もしかしたら、もてたいとか目立ちたいとか、そんなものが理由だった気がする。今は?少し変わったかな?誰かと繋がりたい。沢山の人と共有したい。裸になりたい。あなたに会いたい。だから、上がり続ける。これからも舞台に上がり続ける。きっとそこには何か入り口が、きっかけが、あなたに繋がる道がある。
[PR]
by mop-kino | 2008-11-03 23:28



木下政治のブログ
by mop-kino
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30